2014年10月15日

2014秋山会告知

雨の水分が紅や黄の色合いに明るさを添える、比良山中の落葉。2011年11月20日撮影

琵琶湖大観、比良天空行

暑い夏も早過日に去り、日に日に秋深まる時分に――。

来る11月8日(土曜)に山会を行います。場所は、滋賀県西部の比良山脈。京都市街からも近い、その南端裏手から登り、尾根を縦走して、南部の雄峰、蓬莱・打見山を目指します。

森を抜けて辿り着く、標高1000メートルを超える展望のルート。手に抱えられんばかりの眼下の琵琶湖に、天空の高層湿地「小女郎ヶ池」、そして盛りの紅葉等々、見どころ多い企画です。また、今回は山脈主稜線への登坂ルート中、最も高低差の少ないルートを採る為、1000メートル級登山の入門的企画も兼ねます。

興味ある人、希望する人は、奮って参加下さい。段取りの都合上、参加の連絡は早目にお願いします。


詳細

開催日 : 11月8日(土曜)

時間   : 7:30〜夕方
集合場所: 出町柳駅バスターミナル
集合時間: 7:30
費用目安: 往復交通費¥1380(往路京都バス〈出町柳停-平停〉、復路JR線〈志賀駅-京都駅〉の運賃計)+打上げ食費(実施、参加の場合)
行程   : 出町柳〜(バス0.8時間)〜平〜(徒歩約1.5時間)〜権現山〜(徒歩約1時間)〜小女郎ヶ池〜(徒歩約1時間)〜蓬莱山〜(徒歩約0.5時間)〜打見山〜(徒歩約2.5時間)〜JR志賀駅〜(JR線約0.5時間)〜京都市街

備考

・雨天中止。
・登坂高低差は約700m、全歩行距離は約10キロの行程。山道歩行用の準備が必要。急斜や転倒に備え、軍手か皮手袋等必携。
・昼食は小女郎ヶ池付近か蓬莱・打見山山頂にて採る予定。
・防寒・防風・防水(靴等足回り)対策必須。
・各自のペースを尊重し、早い人が遅い人を少し先で待つ行路スタイル。

参加条件

比較的健脚向きです。長時間の徒歩行であること、外の気候条件にさらされること考慮下さい。山頂や尾根の標高は1000mを超します。高地登山に準じる準備が必要と認識下さい。場合により気温がかなり低下する恐れもあります。また、滑り易い場所、泥のつく場所と遭遇する可能性もあります。この山会は参加費等を徴収する集いではありません。よって何の補償もない自己責任参加となることをご承知下さい。怪我、腹痛、虫刺され等の対策を各自準備願います。なお、参加希望の場合は事前にメール等での連絡をお願いします。

持ち物その他

・飲料(必要分。温かいお茶等推奨。打見山まで補給困難)
・昼食
・帽子
・手袋(山道転倒対策用の軍手等。忘れる人多し!
・歩き易い靴&厚手の靴下
・化繊混等の乾き易い服(長袖&長ズボン)
・雨具(出来れば上下合羽)
・防寒着(10度以下に冷える可能性あり)
・衛生用品(ちり紙等)
・電灯類(下山が東斜面で日没が早いため必ず準備。忘れる人多し!
・救急用品(怪我や腹痛、虫刺され用の薬、目薬等)

その他、着替えやタオル、御菓子(非常食)、嗜好品などは適宜考慮を。靴は運動靴でも可能ですが、厳しいと思います。沢で濡れる可能性もあります。基本的に歩行や準備中は暑く、休憩並びに食事時等は寒くなると思っておいて下さい。荷物は極力軽くした方が楽です。


以上、何かご不明あれば、ご連絡願います。


上掲写真: 比良山中の落葉。雨に濡れるも、紅黄葉の色合いが明るさを添える。2011年11月20日撮影。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104821274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック