2018年06月17日

梅雨平山会終了

安祥寺上寺跡「観音平」より見た山科盆地等の眺め

消えた古代名刹の痕跡追う

本日予定されていた梅雨平山会は無事終了しました。

自転車と登山を併せた比較的近距離の探索行となりましたが、事故もなく有意義に終了することが出来ました。ただ、体調不良にもかかわらず無理に参加してもらった人があり、申し訳ない限りです。

とまれ、参加者や関係者の皆さん、有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

なお、当日の詳細はこちらを参照ください。

上掲写真: 今から約1170年前、標高320mの尾根上平坦地に築かれ、今もその遺構面が残存する安祥寺上寺跡より見た山科盆地等々の景(南方向)。平地に広がる市街以外の眺望や清爽感は古代から変わらぬものであったであろう。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183605372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック