2012年04月26日

峠会再開催

京都岩倉北部の坂原の棚田と大原峠への道

「峠会」再開催

さきの4月22日に雨天にて延期となった峠会を再開催します。日は黄金週間中の5月5日(土曜祝)、場所は前回告知した京都市左京区岩倉です。

近年の俗にいう「鯖街道」の一路線・区間で、岩倉から大原へ抜ける古道とその峠を歩きます。つまり、古の京と、洛北そして若狭・北陸を結んだ道(海道)です。近世以降に主要路となったとみられる高野川沿岸の「八瀬(やせ)」経由ルート定着以前の、主要路ではないか、との推察のもと、その可能性と現在の姿を、春の長閑さ(のどけさ)を味わいつつ探ります。

山行ながらも平会(ひらかい)同様の、文化・歴史探訪企画ともなる「準山会的文化企画」です。興味ある方は奮って参加下さい。


詳細

開催日:   2012年5月5日(土曜祝)
時間:    9:30〜17:00頃(打上げ不参加の場合)
集合場所: 叡山電鉄出町柳駅改札前
集合時間: 9:30
費用目安: 往復交通費プラス打上げ費(非高級店)
行程:    出町柳駅〜(叡山電鉄0.5時間)〜岩倉駅(旧岩倉中心部)〜(徒歩1時間)〜山域〜(徒歩1時間)〜寒谷峠〜(徒歩0.5時間)〜瓢箪崩山(昼食)〜(徒歩1時間)〜大原〜(徒歩1時間)〜大原バスターミナル〜(京都バス1時間)〜出町柳駅

備考

・荒天中止。
・距離は10キロ程の行程となります。
・各自のペースを尊重し、早い人が遅い人を先で待つ行路スタイルとなります。
・京都市街帰着後の打上げ夕食会は未定。

参加条件

どなたの参加も可能です。ただ、長時間の徒歩行であること、外の気候条件にさらされること考慮下さい。この峠会は参加費等を徴収する集いではありません。よって何の補償もない自己責任参加となることをご承知下さい。なお、参加希望の場合は事前にメール等でのご連絡をお願い致します。

持ち物その他

・飲料(必要分。温かいお茶等推奨。自販機や店の便は不明)
・昼食
・帽子
・手袋
・歩き易い靴&厚手の靴下
・雨具
・防寒着

その他、着替えやタオル、御菓子等は適宜考慮願います。靴は歩き易いものがよいと思います。荷物は極力軽くした方が楽です。


以上、何かご不明あれば、連絡願います。


上掲画像: 「棚田の春・大原への道」。字「大原峠」へと続く岩倉北部の古道にて(今回行くルートとは別路)。右奥に見える山頂の右肩に今回通過予定の「寒谷峠」がある(2011年4月17日撮影)。
posted by みんちり本部 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55540229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック