2020年04月19日

春季山会終了

御池岳山上南東部・奥の平付近に広がるテーブルランド的広景

世情考慮し細心の対策施しつつ再び御池岳へ

4月19日(日曜)開催の春季山会は無事終了しました。去年6月の開催時に荒天や準備不足で巡れなかった場所等をほぼ巡ることが出来ました。

本来なら京滋に緊急事態宣言が出された時は中止するつもりでしたが、現地状況が最初の宣言条件程悪化していなかったことや、極少人数参加で対策を徹底すること、公共交通や店等を使わず他人と接触しないこと等から、自粛対象外の散歩やジョギングに準じる行為として開催を決めました。また、これからも起こり得るこうした事態に於ける健康維持行為の演習にしたいとの思惑もありました。

ただ、残念ながら、こちらで対策しても、山中で会う人々が全く無対策であったという問題を目にすることになりました。そのため、今後こうした状況下での山行や屋外活動について再考せざるを得ないこととなりました。これについては、また報告したいと思います。

とまれ、参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。


なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 テーブルランドの異名を持つ、御池岳山上の広景(南東部)。石灰質の痩せた土壌や岩石、そしてドリーネ(陥没孔)やウバーレ(陥没溝)等の特有地形を擁するが、意外と起伏や見通しの悪い森もあり、更に視界不良(ホワイトアウト)の発生も多く、注意が必要な場所でもある。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2020年04月03日

春季山会告知

京都・真如堂の桜や大文字山山腹まで広がる桜前線

鈴鹿御池岳再び

世界的脅威と化した新型コロナウイルスの感染がここ京都でも広がり、予断を許さない状況となっていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。

その様な状況ではありますが、熟慮の結果、感染対策を施しつつ、春の山会(やまかい)を行うこととなりました。今回は要望により、昨年6月に行った滋賀県東部に連なる鈴鹿山地・御池岳への再行を実施します。前回荒天や準備不足により巡れなかった、同山脈北部に聳える最高峰・御池岳(おいけだけ。1247m)山上にある石灰質のカルスト地形等を再踏査・観察する予定です。

山行は感染危険度が少ない屋外活動であり、また行動が制限された状況に於て身心の健全を図れる効果もあります。よって、他の山域での状況下見を重ねつつ、敢えて開催を決定しました。ただ、参加者同士の接触や行き帰りの交通及び他の登山者との遭遇を考慮し、街場同様の備えで臨みますので、参加希望の方はご協力の方、お願い致します。

なお、人数制限や情勢推移による変更を行うことがあります。詳細は参加連絡の返信にて通知します。


2020春季山会

内容:特異なカルスト地形を有する滋賀県東部・鈴鹿山脈最高峰の御池岳山上に登り、2019年入梅前山会の際に荒天や準備不足のため観察し辛かった箇所、巡れなかった箇所を再踏査

条件:準健脚向き(最大高低差約600m、片道約2時間)。マスク等の感染対策必携。公の広報に準じる対策をする予定なので此方の指示に従うこと

日時:4月19日(日)。天候または社会情勢の変化により中止の可能性あり


上掲写真 京都市街東部の大文字山やその手前丘上の真如堂等の春の進展具合。市街で満開となった桜前線が山腹・山上にも達していることが判る。今回の行先とは違うが、一応状況下見をした山域として紹介。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2020年03月26日

安祥寺山山体破壊及び土器発見について

昨年2019年12月29日に安祥寺山北尾根の破壊現場にて発見した古代の土師器と思われる土器

祝・安祥寺山北尾根遺跡認定&遺跡地区拡大!

昨年主宰が報告した、京都東山・安祥寺山(あんしょうじやま。大文字山南隣)における山体破壊とその現場での土器発見の件ですが、今朝保護課から連絡が入り、同課の現地調査により、主宰指摘の安祥寺山北尾根の平坦地が遺構として認められ、埋蔵文化財包蔵地(遺跡地区)が拡大されることとなりました。

また、本夕、主宰が工事主体の林野庁支所にて同所責任者3氏と面談し、現地の自然・文化環境の取扱いについての質疑応答や要望陳述を行いました。既に破壊された場所があることは残念ですが、微力ながら今後それを抑止する可能性を示せましたので、ここに報告致します。関係各位やご支援頂いた皆様、有難うございました。


なお、詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 昨年12月29日に安祥寺山北尾根の破壊現場(作業道切削面)にて主宰が発見した土師器とみられる古代土器片。左に玉縁的な細工があるのが判る。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年11月16日

紅葉山会終了

西日に染まる廃村八丁奥の天然林紅葉と、背後に聳える比良山脈の最高峰・武奈ヶ岳(1214m)

廃村八丁再び

11月16日土曜開催の秋季山会は無事終了しました。

心配された降雨もなく、目論見通り、奥山の盛りの紅葉が見られる良き山行となりました。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。


なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 西日に染まる廃村八丁奥山の天然林紅葉と背後に聳える比良山脈の最高峰・武奈ヶ岳(1214m)。本日の帰路、品谷山東稜線より撮影。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年11月10日

紅葉山会告知

滋賀県西部・比良山麓に残る幕末廃道沿いの天然林紅葉と黄紅葉が盛り始めた背後の丹波高地

廃村八丁と北山原生林を紅葉期に再訪

朝晩こそ冷えるようになりましたが、昼間はまだ過ごしやすい昨今、如何お過ごしでしょう。

こちらの予定組みの都合で告知が遅くなり恐縮ですが、今月11月16日土曜に秋の紅葉山会を行います。場所は数年前の春に訪問し、参加者一同、印象深い山行となった、京北丹波高地の廃村八丁山域です。

集団離村から約80年。未だ多くの人を魅了して止まない奥山の辺境集落・八丁村跡と、その周囲に広がる北近畿最奥の原生林を参観します。折しも天然林紅葉の盛りでもあり、今年最後の一般山会となります。京都の人間でも馴染みない秘境行となるので都合あえば是非この機会を利用下さい。

なお、行程的には、最大高低差約400m以内で、歩行距離はそこそこのハイキング的山行となります。一応、前回参加した人に配慮し、以前とは少し異なる道程となるよう工夫する予定です。

詳細は問合せの際説明しますので、宜しくお願いします。


催事名 2019紅葉山会

開催地 京都市左京区広河原及び右京区八丁周辺
交通手段 主宰かその他用意の自家用車(交通費分担の可能性あり)
日時 11月16日(土)


上掲写真 滋賀県西部・比良山麓に残る幕末廃道沿いの天然林紅葉と、同じく黄紅葉が盛り始めた背後の丹波高地。旧八丁村はこの丹波高地、即ち京都北山の只中にあり、隔絶された環境で静かに秋の装いを深めていることであろう。2019年11月10日、即ち本日午後からの下見的山行にて撮影。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年10月14日

2019秋野営会終了

令和元年台風19号による増水で飛石が沈んだ太神山地の沢と、裸足で渡渉した野営会参加者

台風の接近や雨の難儀があったものの……

10月12日土曜からの開催予定だった秋野営会は、昨日と今日に日程をずらし無事終了しました。

前夜台風が最接近して雨が降ったため沢の渡渉や焚火関係で難儀があり、また2日目も朝から雨が降りましたが、皆の知恵と工夫で大きな不便なく乗り切ることが出来ました。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。


なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 山上の野営地へ向かうための最初の渡渉地点。本来なら対岸の登山道に続く飛石が川面から覗くが(以前の野営会画像参照)、案の定、増水で没している。諦めて裸足となって渡る人や、無理して渡り靴を水没させる人が出るなど、乗っけからの難儀となった。
posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年09月23日

2019秋季野営会告知

京都市左京区東山山麓にて10月1日に撮影した、めでたい紅白の曼珠沙華(彼岸花)

今季も開催
秋の野営会


先月一度は猛暑日から解放されたものの、相変わらず熱中症に注意が要る残暑が続きますが、如何お過ごしでしょう。然う斯うしている内に、秋本番の10月も近づいてきました。

今年も、そんな適期に野営会を行います。場所は恒例の滋賀・湖南アルプス。大丈夫だとは思いますが、その時までに暑さが和らげば尚良し……。

いつもの通り、山中現地で薪を集め沢水を汲む、野性味あふれるキャンプの集い。貴重な機会ですので、希望の人は是非活用下さい。

現在、10月中の何れかの週末辺りの開催を目指し、日時調整中です。詳細は、参加希望の連絡を頂いた後、決定または通知します。


臨時連絡 長期参加見合わせ中の人へ

残念ながら会での不始末や不義により参加を自粛している人や、不能な人に連絡します。

自ら申し出て謹慎に入った人に対しては、こちらから連絡をすることはありません。もし、復帰の希望があるなら、その旨を伝えて下さい。謝罪や反省は既に承知しており、基本的に問題は落着していますので、あとは本人の希望次第となります。

会の事情を熟知しながら迷惑を成したままの人には、真摯な反省と謝罪を求めます。他の参加者や会の尊厳に影響を及ぼした以上、これなしに復帰は認められません。勿論、弁明や反論の機会は設けますので一先ず連絡願います。

山会・野営会等の諸々の会は、細やかながらも志を以て続けられています。楽しく、かつ有意義な集いにするため、各位ご協力をお願いします。

みんちり主宰


上掲写真 珍しく感じられた紅白の曼珠沙華(彼岸花)。その婀娜っぽい(?)姿や有毒であること、不吉な言い伝えから、心理的距離を感じる花だが、紅白だと何やらおめでたい気が……。山やキャンプには関係ないが、秋のお知らせとして。京都市市街東部の山麓にて10月1日撮影。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年09月07日

立山遠行山会終了

立山山頂の三峰の内、中央の最高峰「大汝山(おおなんじやま。3015m)」と右側(南)の雄山(3003m)の間を巻く、岩が散らばる登山路と、その傍にある尖った大岩

絶好の好天に恵まれ登頂完遂
野営はまた次の機会に……


本日開催予定となっていた立山遠行山会は無事終了しました。

地元の人や常連さんが驚くほどの好天と好眺望に恵まれたなか、無事立山三峰の登頂を果たしました。ただ、参加者の足の不調により、野営はまた次の機会の開催となり、予定を切り上げ下山しました。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。


なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 立山山頂の三峰の内、中央の最高峰・大汝山(おおなんじやま。3015m)と右側(南)の雄山(3003m)の間を巻く、岩が散らばる登山路と、その傍にある尖った大岩

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年08月24日

立山遠行告知

北アルプスの秀峰「燕岳」(つばくろだけ)山頂から見た立山方面。背後の山脈中央のガレ場向こう(上)に立山が覗く筈だが、生憎の曇天で見えない。2013年7月22日撮影

高所登山・野営の入門企画「立山登山」

台風の影響で猛暑が落ち着き、恵(?)の雨天が続きますが、如何お過ごしでしょう。諸般の事情で遅くなりましたが、来月初旬に夏山山行を行います。今回は中部地方の高山を対象とした域外遠行(一般的には「遠征」と記すべきでしょうが、山に対しておこがましいので変更)となります。

場所は、北アルプス(飛騨山脈)は立山連峰の主峰「立山」(3015m。富山県)。今回は、車輌や公共機関で主峰直下まで移動し、そこを拠点に野営や山頂登山を行う、高所登山の入門的山行です。当山会ではあまりない機会なので、興味ある人、希望する人は、宜しく検討下さい。

詳細

開催日 : 9月7日(土)※〜8日(日) ※麓での前泊の可能性あり。
時間  : 時間未定〜
集合場所: 要問合せ(自家用車集合可)
集合時間: 要問合せ
費用目安: 往復交通費(車輌便乗の場合は人数割)と飲食代(3食2日分)、嗜好品代や入場料等
行程  : 京都〜(乗用車4.5時間)〜立山駅〜(公共車輌2時間)〜室堂(主峰直下)

備考

・荒天の場合は中止。
・登山開始地点から立山山頂までの登坂高低差は約550m〜800m。

参加条件

自家用車参加が条件となります。但し、参加人数により他車への便乗が可能となる場合があるので相談下さい。この山会は参加費等を徴収する集いではありません。よって何の補償もない自己責任参加となることをご承知下さい。怪我や腹痛、虫刺され等の対策を各自準備願います。なお、参加希望の場合は事前にメール等での連絡をお願いします。

持ち物その他

・飲物
・食料
・帽子
・手袋(山道転倒対策用の軍手等。忘れる人多し!)
・登山靴&厚手の靴下
・化繊混等の乾き易い服(長袖&長ズボン)
・雨具(必ず上下合羽等、全身が覆われるもの)
・防寒着(高地対策・緊急用)
・非常食
・野営道具(テント・寝袋・ストーブ・食器等。現地での賃貸可)
・衛生用品(ちり紙等)
・着替類
・電灯類(緊急時用。忘れる人多し!)
・救急用品(虫刺されや火傷用の薬、目薬等)
・温泉用具(野営地付近で入湯可)

その他、タオル、御菓子、嗜好品(酒類等)等は適宜考慮ください。靴は登山の際には登山靴が必要です。基本的に登山中は暑く、休憩並びに昼食時等は寒くなる可能性があると思っておいて下さい。荷物は極力軽くした方が楽です。高所のため、低地の晩秋相当の気温となります。


上掲写真: 北アルプス「表銀座」の秀峰・燕岳(つばくろだけ。2763m)山頂から見た立山方面。背後の山脈は、北アルプス「裏銀座」と後立山(うしろたてやま)を繋ぐ稜線で、その中央のガレ場(船窪乗越)向こう(上)に立山が覗く筈が、生憎の曇天により……。2013年7月22日撮影。

posted by みんちり本部 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年07月23日

続京焼学習会(窯元再訪)終了

懇意の清水焼窯元手作りの各種麦藁手(むぎわらで)陶器(蕎麦猪口・スープカップ・マグカップの青赤各一対。主宰蔵)

五条坂の稀少窯元再訪

先日の京焼学習会で急遽中止となった清水焼窯元訪問を今日再実施しました。

平日開催ということもあり、参加は呱々さん他、コアメンバーに限られ、申し訳なく思いましたが、代表して見聞させてもらいました。

もし、どうしても希望される人があれば、またご相談下さい。

最後は突然現れた夕立強雨の中の撤収となりましたが、実に充実したひと時を過ごすことが出来ました。

皆さん、ご協力有難うございました。また、暑い中お疲れ様です!なお、当日の詳細はこちらを参照下さい。


上掲写真 今回の購入品ではありませんが、訪問先窯元さん手作りの麦藁手(むぎわらで)陶器。手前から蕎麦猪口、スープカップ、マグカップの、青赤各一対で、類似の他窯製品を凌駕する成型・絵付の冴えを誇ります。主宰が20年以上コツコツと買い集めたものの一部。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年06月19日

京焼学習会終了

京焼学習会の会場となった、京都・銀閣寺前の生活骨董の店「呱々」2階

京焼の奥深さに迫る
「京焼学習会 at 呱々&五条坂」開催!


本日開催予定となっていた京焼学習会は無事終了しました。

午後最後の工房見学が先方の急用により叶いませんでしたが、それ以外は充実したものとすることが出来ました。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 京焼学習会における午前の座学会場となった、銀閣寺前の生活骨董の店「呱々」さんのひと間。古い町家を品良く、また個性的に改装した店舗の2階にあり、金継ぎ教室等の催事や、その他用の空間となっている。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年06月09日

入梅前山会終了

滋賀県東部鈴鹿山脈・御池岳山上の石灰岩

生憎の雨ながら予定完遂!

本日開催予定となっていた入梅前山会は無事終了しました。

途中から生憎の雨となりましたが、珍しいカルスト台地の山上観察を予定通り行うことが出来ました。また、初心者の人にとっては、今後の荒天対処等に繋がる貴重な実体験が得られた機会になったかと思います。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真 御池岳山上の石灰岩。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年06月01日

京焼会告知

江戸初期の「仁清(にんせい)」の作風を継ぐ色絵陶器や九州由来の染付磁器等々の各種現代京焼(清水焼。主宰蔵)

梅雨ならではの平地・ご近所企画

晴天ながら6月に入り、愈々梅雨入りを意識させられるようになりました。

そんな6月の19日に「平会(ひらかい。平地での歴史・文化巡り)」名目(仮)の、京焼(きょうやき。京製陶磁器)学習会・及び産地見学等を行います。今回は、懇意の骨董店「呱々(ここ)」さんのご要望もあり、共催的会となります。

当日午前に銀閣寺道の同店で京焼学習会(主に清水(きよみず)焼の歴史・特徴等の解説)を行い、午後に五条坂入りして食後の14時頃に窯元等の見学を行います。講師は、僭越ながら、仕事で陶磁器についての記事を多く書き、またその愛好家でもある主宰が担当。

京焼400年の歴史を知り、観光ブームと時代の変化により急激に変わりゆく産地の状況を実見します。今や貴重となった路地奥の窯元さんや古式の登窯廃墟も見学予定です。なお、窯元さんでは本物の手製清水焼が購入可。都合により平日開催となりますが、興味ある人はこの機会をご利用を。

食事場所の予約や人数等の関係上、早めに連絡頂けると幸いです(開催1週以前に締切予定)。また参加の際は少額の実費負担が生じる可能性があります。

以上、宜しくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
企画名 「京焼学習会 at 呱々&五条坂路地」

開催地 左京区銀閣寺道「呱々」&東山区五条坂界隈

日時  6月19日(水)10時〜夕方
------------------------------------------------------------------------


上掲写真 各種京焼(清水焼)。江戸初期の京焼大成者「仁清(にんせい)」の作風を継ぐ色絵陶器や九州由来の染付磁器等々。何れも、江戸後期に確立された多彩な京焼の姿を今に伝える現代手工製品(主宰蔵)。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年05月26日

入梅前山会告知

京都市北部・北山山地(丹波高地)にある京都府最高峰「皆子山」山上のアオダモ(?)の花

ゆく春惜しみつつ未踏の山へ

はや夏を想わせる暑さが来たり、また肌寒くなったりしていますが、皆さん如何お過ごしでしょう。

今年も梅雨入り前の山会(やまかい)を行います。今回は要望により滋賀県東部に連なる鈴鹿山地行となります。同山脈北部に聳える最高峰・御池岳(おいけだけ。1247m)を目指し、石灰質によるカルスト地形を観察するなど、地学的探索も行います。

鈴鹿山脈は交通の関係から、山会未踏の地。よって、今回は主宰自身も楽しみにしています。興味ある人は是非この機会を利用下さい。


2019入梅前山会

内容:鈴鹿山脈最高峰の御池岳を目指しつつ、平坦特異なそのカルスト地形等を観察。

条件:準健脚向き(最大高低差約600m、片道約2時間)。

日時:6月9日(日)。荒天時は6月22日(土)に変更の可能性あり。


上掲写真 先日主宰が個人的に行った皆子山(971m。京都府最高峰)山上のアオダモ(?)の花。地質は異なるが、似た気候環境の鈴鹿山地でも同様の満開が見られるかも。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年05月25日

2019春季野営会後半部中止

京都市北部・北山山地(丹波高地)にある京都府最高峰「皆子山」の山上草原

残念ながら春の野営会後半部は……

本日予定されていた春季野営会第二部は、事情により中止となりました。

今回も前回同様、初心者講習的なものとなる予定でしたが、仕方ありません。残念ですが、またの機会をお待ち下さい。その時はまた宜しくお願いします。


以上、野営会中止の知らせまで……。


上掲写真 野営会中止を承け翌26日に主宰が個人的に行った皆子山(971m。京都府最高峰)鍛錬行の一景。山頂近くのなだらかな高地草原で、丹波高地の本質をうかがわせる牧歌的で気持ちの良い眺め。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年05月05日

2019春野営会(黄金週間期)終了

滋賀県湖南アルプス太神山中の新緑

快晴から雨まで経験
初心者講習的野営終了


前日から開催していた春季野営会(黄金週間期)は本日無事終了しました。

2日目の午後に予報外の雨が降るという事態もありましたが、焚火での食事も完遂でき、野営を満喫することが出来ました。今回は、野営初心者に対する講習会的側面もあったので、色々と学習できたかと思います。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

当日の詳細はこちらを参照ください。なお、今季は5月後半にも1泊2日の予定で再開催する予定です。


上掲写真 太神山地山上の新緑。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2019年04月21日

春季野営会告知

白川石の手水鉢に浮かぶ桜の花弁。京都市街東部山麓にて2019年4月16日撮影

今春の野営会は2次開催

京都近辺の桜も、はや殿(しんがり)の八重桜の時期に。見上げる山では新緑が日々色を深め、気候・景観共々、春本番を感じさせます。そして、黄金週間の到来――。

今年も、その活動適期に野営会を行います。いつもの通り、山中の現地で薪を集め沢水を汲む、野性味あふれるキャンプの集いです。貴重な機会ですので、希望の人は是非ご活用下さい。

なお、今回は要望により、ゴールデンウイーク期間中と5月後半の2次開催となります。詳細な日時は調整中ですので、参加希望の連絡を頂いた後、決定または通知します。


上掲写真 散りゆく桜、進みゆく春を集める手水(ちょうず)の水面。偶然か、誰かが入れたのか……。京都市左京区東山山麓にて4月16日撮影。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年12月02日

晩秋平会終了

朝日に輝く京都・粟田神社の鳥居と「感神院新宮」の扁額

厚い歴史と政治・文化の要地巡り

本日予定されていた晩秋平山会は無事終了しました。

混雑のため途中で自転車を置き徒歩で長時間巡る探索行となりましたが、事故もなく有意義に終了することが出来ました。

参加者や関係者の皆さん有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真: 朝日に輝く東山区北辺の粟田神社の鳥居と「感神院新宮(かんしんいんじんぐう)」の扁額。感神院とは祇園社、即ち現八坂神社のことで、同社の分祀として創建された由来を窺わせる。しかし、古代この地に居した粟田氏の氏神であったとの伝承もあり、興味深い。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年11月18日

晩秋平会告知

京都・東山連峰の紅葉と満月。2017年12月2日撮影

晩秋の歴史と文化巡り

今秋は寒さの到来が遅く、過ごしやすい日々が続いていますね。

そんな陽気のせいではありませんが、今秋も平会を開催します。今回は要望もあり、京都市街の東山地区を巡ります。

古くは平安京以前の古代氏族居住地や葬送地・鳥辺野(鳥部野)から清水寺(きよみずでら)に祇園社、そして近世の清水焼等にまで繋がる歴史と文化積層の地です。

そんな東山の今昔を、晩秋の空の下、ゆるりと巡りたい思います。希望の人は宜しくご検討下さい。


企画名 東山晩秋平会
開催日 12月2日(日曜) 
時間  9:00-17:00頃
備考  小雨決行

以上、参加連絡は早めにお願いします。


上掲写真: 京盆地東部を区切る東山連峰の紅葉と晩秋満月。去年の12月2日撮影。今年の紅葉は残念ながらこれほど美麗ではありませんが……。

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2018年10月14日

2018秋野営会終了

滋賀県湖南アルプス太神山中の澄んだ沢水

予報と状況に反して!

昨日から本日まで行われた野営会は無事終了しました。

期間中に雨予報があり、実際降ってもおかしくない状況でしたが、幸い一滴も降らず、楽しい山中泊を過ごすことが出来ました。

参加者や関係者の皆さん、有難うございます。そしてお疲れ様でした。次の機会も、また宜しくお願いします。

なお、当日の詳細はこちらを参照ください。


上掲写真: 野営会開催地の滋賀県湖南アルプスの澄んだ沢水

posted by みんちり本部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知